XM海外FXは日本人トレーダーにも人気!トレードとアフィリエイト口座開設手順を画像解説

2019年12月12日

Pocket

XM海外FXは日本人トレーダーにも人気!トレード口座とアフィリエイト口座開設手順を画像で解説


XM海外FX口座は日本人トレーダーにも多くの人気がある

日本人FXトレーダーの中でも、人気を集めている海外FX業者といえばXMTradingです。
海外FX初心者にとっても使いやすい一方で、ハイレバレッジ取引が可能な点や、信頼性や安全性の高さに定評がある点などが高く評価されています。またXMアフィリエイトという仕組みも人気を集める秘密と言えるでしょう。

2019年には、新規口座開設数が100万件を突破したXMTrading。新たに取引をスタートさせたい!と思ったら、まずは口座開設手続きをとりましょう。

XMTradingの口座開設手続きは非常に簡単。わずか数分程度で完了します。具体的な手順を画像付きで解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

XMTradingの口座開設手続き手順画像解説

■XM取引口座開設 個人情報入力

XMTradingの口座開設は、こちらのページから手続きできます。

ページを開くと「リアル口座の登録 1/2」と書かれたページが開かれます。ここからは、入力フォームに沿って入力を進めていきます。

最初に入力を求められるのは、取引を行う方の個人情報です。

こちらで求められる情報は以下の6つです。

・下のお名前
・姓
・居住国
・希望言語
・電話
・Eメール

名前・姓はアルファベットで記載。居住国と希望言語は、入力欄右の「▼」マークをクリックし選択します。電話番号入力欄には、+81に続けてハイフンなしで数字を入力してください。最初の0は省略します。

XMTradingに登録できるEメールアドレスは1つのみです。複数のアドレスは登録できないので、注意しましょう。

■XM取引口座詳細入力

個人情報入力の下にあるのが、取引口座詳細の入力欄です。

ここでは、取引プラットフォームタイプと口座タイプを選択します。両方とも、入力欄右の「▼」マークをクリックし、希望の種類を選択してください。

初心者で迷いがちなのが、取引プラットフォームタイプの選択です。

・MT4
・MT5

2つのタイプが用意されていますが、MT5はMT4の上位互換タイプ。時間足表示の多様さや動作スピードに優れており、またビットコインなどの仮想通貨取引にも対応しています。

一方でMT4は全世界で利用者No.1を誇る取引プラットフォームです。主に自動売買を行いたいと考えるなら、MT4を選択した方が有利になるでしょう。

口座タイプには

・スタンダード(1 lot=100,000)
・マイクロ(1 lot=1,000)
・XM Zero(1 lot=100,000)

の3つが用意されています。XMTradingをフル活用したい!と思う方にはスタンダードが、超初心者なのでまずは様子をみたい!という方にはマイクロがオススメです。

XM Zeroはスプレッド特化型の口座となっています。最初は別の口座で開設し、後から必要に応じてプラスすると良いでしょう。

ここまで入力したら、画面の下部分をチェックしましょう。

緑色の「ステップ2へ進む」をクリックします。

■XM取引口座 個人情報入力その2(カナ表記)

ここからは、口座開設2ページ目の入力内容を解説します。

1ページ目と同様に個人情報を入力しますが、こちらは「全角カナ表記」となります。

・下のお名前
・姓
・生年月日

これらの項目を入力してください。

こちらの情報は、取引口座から出金する際に必要となるもの。後々のトラブルを避けるためにも、銀行の利用明細書などに記載されているカタカナ名を間違えずに入力しましょう。

■XM取引口座 住所登録詳細

住所詳細は、後で提出する確認書類と同一の住所を、英語表記で入力します。

入力内容は

・都道府県・市
・番地・部屋番号
・区町村・町名
・郵便番号

です。「住所入力の英語表記がわからない!」という場合には、インターネット上の変換サービスを利用するのがオススメです。日本語で入力した住所を、自動で英語へと翻訳してくれます。

建物名を書く欄がなく戸惑う方もいるかもしれませんが、省略してOKです。番地・部屋番号欄に、両者をハイフンでつなぎ、続けて入力してください。

住所詳細欄で、もう一つ入力を求められるのが「納税義務のある米国市民ですか?」という質問への答えです。

質問文右の赤い「i」マークにマウスを当てると、該当者の条件が表示されます。「はい」と「いいえ」から、自身に該当する方を選択しましょう。

■ XM取引口座 取引口座詳細入力

次は取引を行う口座の詳細について指定します。

入力内容は、

・口座の基本通貨
・レバレッジ
・口座ボーナス

の3つ。日本で取引を行うのであれば、基本通貨は日本円(JPY)を選択するのが一般的です。口座ボーナスは「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選択するのがオススメです。

レバレッジについては、ここで設定するのはあくまでも最大値です。あえて低くする必要はなく、888倍に設定しておいて、実際の取引時にどの程度のポジションを持つのか決定すると良いでしょう。

■XM取引口座 投資家情報

こちらでは、これまでの投資歴や自身の状況に基づき、適切な選択肢を選んでいきましょう。

所得総額と純資産については、米ドルで選択します。大まかな数値でかまわないので、計算してみてください。

自身の状況に基づいて入力するのが基本ですが、投資額の欄で20,000ドル以上を選択すると最大レバレッジが200倍に制限されることだけは、頭に入れておきましょう。

■XM取引口座パスワードと確認

最後は、口座パスワードの設定と、確認事項のチェックです。

口座パスワードには、小文字、大文字、数字の3種類の文字を組み合わせて使うことが求められます。8文字から15文字になるよう、調整してください。

確認事項に同意したら、最下部の「リアル口座開設」ボタンをクリックします。

ボタンクリックの後、登録メールアドレスに確認メールが届くので、登録プロセスを完了するためのクリックをしましょう。

「Eメールアドレスをご確認ください。」と書かれた赤い部分をクリックすればOKです。24時間以内に手続きしてください。

このクリックで、XMの口座開設は完了です。再度登録メールアドレスに、「XMTradingへようこそ」と書かれたメールが届きます。

XM取引口座開設まとめ

XMTradingは、海外FX業者の中でも人気が高く、多くの人が実際に取引に挑戦しています。現在FXをやっている人も、これからやりたいと感じている人も、ぜひ実践してみてください。

またXMには、XMアフィリエイトという仕組みも用意されており、アフィリエイト収入で稼ぐことも可能です。自身のサイトから登録してくれた人が取引をすればするほど、報酬が発生する仕組みになっており、FXよりもアフィリエイト中心で報酬を得ている方も少なくありません。またアフィリエイトで得た報酬を、FX取引へと回すことも可能です。
アフィリエイトはこちら↓↓

アフィリエイトで成功するためには、まずは自身で口座開設・取引を行ってみるのがおすすめです。実体験の中から質の高いコンテンツを制作し、顧客獲得につなげていけるのではないでしょうか。

それではもう一気にアフィリエイト口座まで開設しますので登録してしまいましょう^^

XMアフィリエイトで月収100万円に挑戦しよう!まずはパートナー口座開設方法から


海外FX業者であるXMを利用するメリットの一つが、FXアフィリエイトです。自身のサイトから登録した顧客がトレードしたロット数ごとに報酬が発生するので、継続的な高額報酬を得やすいアフィリエイトとして注目されています。

XMアフィリエイトをスタートするために、必要となるのがXMパートナー口座の開設です。その手順について、画像付きでわかりやすく紹介していきます。

XMTrading口座とXMパートナー口座は全くの別物

XMアフィリエイトで成果の対象となるのは、XMTradingで行われたFX取引です。取引のためには、当然XMTradingの口座開設が必要となります。

しかしこの口座は、あくまでもFX取引のために使われるもの。XMアフィリエイトに挑戦したい!と思う場合には、これとは別の「XMパートナー口座」を開設する必要があります。

まずはこちらを理解した上で、実際にXMパートナー口座の開設手続きへと進んでいきましょう。

XMパートナー口座開設手順を、画像で解説

XMアフィリエイトに必要なXMパートナー口座開設は、こちらのサイトから行います。

パートナー口座を登録する

XMパートナー口座のオンライン登録は、わずか3分で完了します。まずは画像右下の「パートナー口座の登録」部分をクリックしましょう。

すると「パートナー口座の登録」画面に移ります。

求められる入力内容は、以下のとおりです。

・個人情報(氏名・生年月日)
・居住国
・住所
・連絡先
・会社情報
・口座詳細
・口座パスワード

個人情報と住所入力からいきましょう^^

氏名や住所など、こちらで入力する内容は、すべてアルファベットの英語表記にしてください。利用予定の銀行口座の英語表記と同一にすると、後々のトラブル予防につながるでしょう。

住所の英語表記がわからない場合は、ネット上の変換サイトを活用するのがおすすめです。

こちらのページで特に迷いやすい「連絡先」「会社情報」「口座」については、以下で詳しく説明します。

連絡先の入力欄には、

・電話
・Eメール
・スカイプ
・MSN
・WeChat
・QQ

の6つの欄が用意されています。この中で必須となるのは、電話とEメール。その他の項目は、なければ空欄で構いません。

電話番号入力時には、先頭に「+81」と入力し、国内電話番号先頭の「0」を除いて入力します。

例:【国内番号】03-1234-5678 → 「+81312345678」と入力(ハイフンなし)

メールアドレスは、フリーメールでも大丈夫です。

★会社情報

個人でアフィリエイトに挑戦する場合、「いったい何を入力すれば……?」と悩む項目ですが、空欄のままで構いません。次のステップに移りましょう。

★口座情報

口座の詳細では、希望言語を選択すればOKです。選択肢をチェックすると「日本語」があるので、こちらに設定しておきましょう。

口座パスワードは、ログインするために必要な情報です。半角英数の小文字、大文字、数字の3種類の文字を組み合わせて、設定してください。

全ての入力を終えたら、確認事項をチェックし、画面下部の「パートナー口座を開設する」をクリックします。(緑色の部分です。)

登録確認から口座のアクティベートまで

実際にXMアフィリエイトをスタートするためには、口座のアクティベートを行う必要があります。以下の手順を参考にしてみてください。

まず、登録内容を記したメールが、XMアフィリエイトから届きます。

「Eメールアドレスをご確認ください。」と記された、中央の赤い部分をクリックします。

これで登録は完了。するとあらためて、XMアフィリエイトから「XMパートナープログラムへようこそ」というメールが届きます。

メール上部に記載された「パートナーページへのリンク」をクリックしましょう。

先ほどのメールに記載されていた「パートナー様のアフィリエイトID」と、自身が設定した口座パスワードでログインできます。

ログイン後の画面で、必要書類のアップロードを行いましょう。

「口座情報」の中の「書類をアップロードする」をクリックします。

こちらから、本人確認書類と住所確認書類のそれぞれを指定します。

本人確認書類で求められるのは、パスポートや免許証など、氏名や出生地、生年月日などが含まれている書類。住所確認書類は、一定期間内の公共料金請求書でOKです。

それぞれを指定したら、赤い「書類をアップロードする」をクリックしましょう。

スキャナーがなくても、スマホの撮影画像で大丈夫です。文字が鮮明に写っていることを確認し、アップロードしてください。

アップロードが完了すると、アップロードページの下の方にスクロールしていくと、アップロードボタン下部の「状況」が、「受理」に変わります。その後数日で、アップロード書類に問題ないことが確認されれば、「有効化された」へと変わります。有効化されればすべて完了です。

これで、パートナー口座開設は完了です。さっそくアフィリエイトをスタートしましょう。

XMアフィリエイト口座 まとめ

XMアフィリエイトのためのパートナー口座開設は、わずか数分で完了します。わからないことがあっても、日本語でのサポートが充実しているので、大丈夫です。サポートに連絡をとりながら、一つ一つ作業を完了させていきましょう。

アフィリエイトでなかなか成果が出ない……と思っている方にも、XMアフィリエイトはオススメです。初心者からでも成果を生み出しやすいので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。
アフィリエイトだけでなく自身でトレードもお勧めなので是非登録してみてください。
今なら3000円分特典あるのでお得ですよ。