XM口座からの出金方法は?具体的な方法と注意点を解説

Pocket

XM口座からの出金方法は?具体的な方法と注意点を解説

XMTradingで海外FXに挑戦したい!と思ったときに、気になるのが出金方法についてです。画面上でどれだけ儲けが出たとしても、実際に自分の手元に入ってこなければ意味がありません。

今回はXMTradingを利用する場合の、出金方法についてわかりやすくまとめます。具体的な手順や注意点など、チェックしてみてください。

■XM口座からの出金先はどこになるの?

まずはXM口座からの出金方法として、どのような方法が用意されているのかチェックしてみましょう。出金先として指定できるのは、以下の5つです。

・クレジットカード
・bitwallet
・STICPAY
・BXONE
・電信送金

以前はBitcoin入出金サービスがありましたが、2019年現在、すでに停止されています。XM口座からの出金を検討する場合には、上の5つの出金先から、自分に合ったところを選択する必要があります。

■XM口座からの出金……知っておくべき4つの注意点

XM口座からの出金手続きは、決して難しいものではありません。

しかし出金の際には、XMTradingならではのルールがいくつか設定されており、これを知らないまま手続きを進めようとすると、「あれ?こんなはずじゃなかったのに…」なんてことにもなりがちです。

XM口座からの出金について、知っておくべき4つのルールを詳しく解説していきます。

XM出金は、基本的に入金と同じルートで行われる

XM口座を使ってFX取引を行うためには、まず入金が必要となります。この時点で、クレジットカードが銀行振り込みなど、自分に合った手段を選択していることでしょう。

XM口座からの出金は、基本的にこの入金時のルートと同じ方法が採用されます。つまりクレジットカードで入金した方はクレジットカードへの出金が基本となり、bitwalletで入金した場合にはbitwalletを通じて出金されるということです。

これはXMTradingに限らず、海外FX業者にとってスタンダードな方法です。入金した方法と同じ方法で出金することで、マネーロンダリングを防止し、入出金名義の整合性をとるという目的があります。

また電信送金以外の方法においては、入金額以上の出金ができない仕組みとなっています。入金額を超えた分は、電信送金にて出金されます。

さらに複数出金先を利用者側が指定した場合には、XM側で優先順位が設定されています。クレジット・デビットカードの優先順位がもっとも高く、その次にbitwallet、STICPAY、BXONEの3つ、最後に電信送金です。

XM出金に関わるデメリットについて

XM口座から出金する際には、以下のデメリットが生じる可能性があります。

・ボーナスは出金できない
・出金時に、同じ割合のボーナスが消滅してしまう

XMTradingは、各種ボーナスが豊富な業者として知られていますが、これらはあくまでもFXトレードのために付与されるもの。出金はできないということ、出金時に相殺される可能性があるということを、頭に入れておきましょう。

XMの最低出金額は出金方法によって異なる

出金時には、最低出金金額というルールをクリアする必要があります。つまり、この金額に満たない場合、出金はできないということです。

最低出金金額は、出金方法によって異なります。クレジットカードやデビットカード、bitwallet、STICPAY、BXONEの場合は500円以上であれば出金が可能となりますが、電信送金の場合は10,000円が最低出金金額です。電信送金の場合は金額が大きいので、特に注意してください。

XMの出金手数料は無料である一方で……

XM口座から出金する際には、手数料がかかります。この手数料、どの出金方法を選択するのかによって変わってくるので注意しましょう。

クレジットカードやデビットカード、bitwallet、STICPAY、BXONEを選択した場合、出金手数料そのものは無料です。ただしクレジット・デビットカード以外を選択した場合、それぞれの口座から国内の銀行口座へと送金する際に、別途手数料がかかってしまいます。

電信送金においても、出金手数料は無料です。ただしリフティングチャージや受取手数料の合計が2,000円~4,000円程度となり、受け取る銀行によって金額が変わってきます。

出金時にかかる手数料は、決して少なくありません。XM口座からの出金を検討する際には、むやみやたらと行うのではなく、計画的に行う必要があるでしょう。

■出金手続きの手順を画像で解説

最後は、XM口座からの出金手続きについて、画像付きで詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

XMからの出金手続きは、ログイン後のマイページから行います。

「資金の出金」と書かれた部分をクリックします。

画面に出金方法が出るので、自身の状況に合わせて適切なものを選択します。

もっとも入力がややこしいのが、「International Wire Transfer(電信送金)」を選択した場合です。

画面の指示に従って、

・名前
・住所
・銀行情報
・受取人銀行
・出金額

などを入力していきます。国内銀行の中には、XMからの入金を受け付けてくれないところもあります。利用予定の銀行が対象かどうかを、事前にチェックしておきましょう。

また、銀行指定時には、金融コードとSWIFTコードの入力が求められます。仲介銀行欄は入力しなくてもOKなので、あとは出金額を指定して画面下部「リクエスト」ボタンをクリックします。

クレジットカードやデビットカード、bitwallet、STICPAY、BXONEを選択した場合、入金時にカードや口座の情報を入力しているので、特別な入力事項はありません。出金額を指定し、ページ下部の「リクエスト」をクリックしましょう。

出金が完了するまでの期間は、選択する方法によって異なります。最短1日~1週間程度をみておきましょう。ただしクレジット・デビットカードに出金する場合、1カ月~2カ月程度の時間が必要となります。カードによっても期間が変わってくるので、注意してください。

■まとめ

今回はXM口座からの出金についてまとめました。出金時にもさまざまなルールがあるので、事前に確認しておきましょう。

自分の状況に合った出金方法を選択することで、手数料負担も軽減できます。あらかじめ、出金のための環境を整えておくのもオススメです。