XMTradingでトレードしよう!口座開設後から初回注文までの流れ

Pocket

XMTradingでトレードしよう!口座開設後から初回注文までの流れ

海外FX業者で人気のXMTrading。ボーナスキャンペーンが充実していること、また日本語サポートが充実していることなどでも人気の業者です。

XMTradingで口座開設を完了したら、さっそく取引をスタートしたいところ。今回は口座開設完了後から、実際にトレードをスタートするまでの手順について解説します。

まずはXMTrading口座の有効化から

XMTradingの口座は、開設手続きが完了してすぐに使えるようになるわけではありません。口座を有効化するために必要となるのが、本人確認書類のアップロードです。

口座有効化のために必要となる書類は、

・本人確認書類(パスポートや運転免許証など、顔写真入りのもの)
・住所確認書類(健康保険証や住民票、納税関係書類など ※一部期間指定あり)

の2種類となっています。

ここで注意したいのが、本人確認書類として運転免許証を提出する場合、住所確認書類と併用不可能という点。マイナンバーカードについても、同じことが言えます。

発行後6カ月以内であれば、公共料金や電話料金、クレジットカードの請求書や領収書、明細なども住所証明書類として使えるので、準備してみてください。

具体的なアップロードの手順は以下のとおりです。

 

サイト上部にある、「会員ログイン」をクリックします。口座開設時に連絡された口座番号と、自身が指定したパスワードでログインしましょう。

「こちらより口座を有効化する」部分をクリックします。すると写真のアップロード画面になるので、撮影した証明書類2種類を、それぞれアップロードしましょう。

それぞれの注意点をよく読んで、必要な情報が含まれていることを確認してください。赤い「参照」で画像を選択し、画面下部の緑色「書類をアップロードする」で提出が完了します。

口座の有効化までの時間は最短で10分程度、最長で24時間程度です。ログイン後のマイページやメールで、現在の状況をチェックできます。

XMTrading口座への入金

口座の有効化が完了したら、次は実際にトレードを行うための入金をしましょう。口座有効化だけでもボーナスを取得できますが、資金を追加することで、より幅広いトレードが可能となります。

XMTradingの口座に入金する方法は、主に以下の3つです。

・国内の銀行口座から送金
・bitwalletからの入金
・クレジットカード、デビットカードからの入金

もっとも利便性が高いのが、自身の銀行口座からXMTradingの口座へと入金する方法です。振込手数料はかかりますが、入金手数料は無料。入金方法によって異なりますが、入金手続きから、30分~1時間で取引が可能となります。

XMTrading MT4/MT5のダウンロードとログイン

XMTradingで取引を行うためには、口座開設時の内容に基づいて、MT4かMT5の対応アプリケーションをダウンロードする必要があります。

 

「プラットフォーム」をクリックします。

 

すると使用機種とそれぞれに対応したアプリの一覧が並んでいます。自身の使用環境にあったものをクリックしてください。

画像をスクロールして、赤い「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが完了したらファイルを展開し、許可を求めるポップアップが出た場合には「許可」をします。すると次は、XMTradingの同意書が出ます。

※画像埋め込み(同意書)

内容をチェックした上で、「次へ」をクリックします。すると自動的にインストールがスタートし、ログイン画面へと移行します。

右上のファイルをクリックし、その中の「取引口座にログイン」を選択します。ログイン画面が開いたら、口座開設時に届いた情報から、ログインID・パスワードなど必要な情報を入力しましょう。

取引のスタート

インストールからのログインが完了したら、いよいよ取引をスタートできます。

新規注文の方法は簡単で、取引したい通貨を選び、右クリックをしましょう。そこから「新規注文」を選択することで、実際の取引をスタートできます。

マイクロ口座の場合、マイクロ通貨を新たに追加することで取引が可能となります。

右クリックをしたら、「通貨ペア」を選択。通貨ペアリストが表示されるので、その中から追加したい通貨ペアを選択しましょう。マイクロ口座にドル円を追加する場合、「Forex2Mic」→「USDJPYmicro」と選択し、「表示」をクリックすると追加できます。

新規注文をクリックすると、オーダー発注画面が開きます。

この画面で、取引したいロット数や損切りする価格、利益確定したい価格などを指定することができます。今すぐに注文行う「成行注文」か、指定した金額になった際に注文を行う「指値注文」についても、必要な方を選択しましょう。

このほかXMTradingには、ワンクリックトレーディングという機能も搭載されています。

チャート上で数量を入力し、発注ボタンをクリックするだけで注文が可能です。上手に使えば、チャンスを逃さずトレードできるでしょう。

XMTradingの口座はスマホでも取引が可能

XMTradingの口座さえ持っていれば、専用アプリをダウンロードすることで、スマートフォンからもFX取引が可能となります。MetaTrader 4もしくはMetaTrader 5をダウンロードし、ログインしたあとに取引ができます。

取引したい通過をタップすると注文の詳細を指定できるので、こちらもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、XMTradingの口座開設完了から、実際にトレードをスタートするまでの流れについて解説しました。実際にやってみると、ガイドも豊富で戸惑う点も少ないはずです。

「やってみたい!」というタイミングを逃すこともありませんから、まずは挑戦してみてください。口座開設に関わるボーナスを使った取引からスタートすれば、気軽な気持ちで最初の一歩を踏み出せるでしょう。